スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王に関する研究

「遊戯王に関する研究」みたいな話をふと考えてみる。

頭を使うゲームである以上、研究する内容はあるんですよね。
カードの使い方や、より強い組み合わせを考えるとか
積み将棋のように、プレイングに関して研究してみるとか。

カードゲーム(の戦略)に関する研究って
どんなものがあるかちょっと考えてみました(*'-')

・カードの使い道
・カードの分類・定義
・プレイング
・( ゚ρ゚)

んー、意外と少ない

■カードの使い道

これは一番イメージしやすいんじゃないでしょうか。
カードの効果を見て、使い道を考える。
その中で、同じことができる他の組み合わせより何がいいかとか
どのくらい優れているかなどを考える等々。

有益な組み合わせが一定量以上になったり
召喚条件が厳しくて、多くのカードでサポートが必要になったりすると
デッキテーマになったりしますね。
デッキテーマを作り出すというのも
この研究の一つのゴールになりえそうです。

■カードの分類・定義

デュアル・スピリット・リバースなどなど。

これは製作側が意図していたりするので
あんまりやることないのですが
「モンスター破壊」とか、製作側がグループとしては作っていないものを
グループ化して考えると研究的な作業をする余地が出てきます。

クリッター・ウィッチといったサーチャやトマトなどのリクルータ。
このあたりはもう通称が定着していますね。
サーチャ・リクルータで
引っ張ってこれるモンスターの数を比較して見るとかも考えられますね。
対象にできるモンスターの数が多い方が優秀かというと
別にそんなことはないんですが(

■プレイング

将棋とかチェスだと、最初のターンに動かせるコマのパターンが○通りあって
そのうちの1つを選んだ後、相手がとる行動が×通り
それに対して次のターンで取れるこっちの行動が△通り・・・
そのうち意味のある行動に絞ると・・・みたいな話があります。

遊戯王の場合は手札・場札の状況によって選択肢の数が変わるんですが
デッキ構築によって手札・場札の組み合わせがいくらでも変わるので
状況を固定しないと話にならないものの
固定したらしたでベストな選択(答)を予め用意するような形になったりと
局所的すぎる内容になってしまいます\(^o^)/
詰めデュエルを作るならアリですが。

そこまで行かず「相手が全体除去を使い切るまで大量展開しない」とか
「○○デッキの××は最優先で破壊する」とか
いわゆる定石を作る研究ならできそうですね。

■( ゚ρ゚)

・とりあえず数字を出してみる

特定のテーマに限らず、数字を出してみると
どこかで役に立つかもしれません。
「3枚入れたカードを○ターン目までに引く確率」を計算したり
「増援でサーチできるカードの数」を数えてみるとか。
数値がいくらであるかはあんまり重要じゃないのですが
比較する際の目安などには有効です。

「ダーク・バーストでサルベージできるモンスターの数は408で
戦士の生還でサルベージできるモンスターの数は430なので
戦士の生還の方が範囲が広い」なんて話ができます。
まぁどっちがいいかなんてデッキ次第なんですけどね((
サルベージ対象自身の優劣だってありますし。

■活用とか

別に学位や特許が取れるわけではないですが
知識や理論として得るものはある・・・はず。少なくとも考えた人には。
デッキ構築時に、数字を出してみて調整の参考にするとかかなぁ。

そういえばデッキテンプレート作りって研究なんかね。
単なる制限カードコラムな気がするけど(
スポンサーサイト

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

プロフィール

シノレバー

Author:シノレバー
まことにダメなオタク。
主に遊戯王OCGが主なネタながら
ポケモンなど他のアニメやゲームも扱う雑食系。
石川、名古屋、東京等に出没する、一体どこに住んでいるのか解からない人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
博麗ちゃんの賽銭箱
博麗神社の巫女さんが出張してきたようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。