スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タッグルール最終案

いよいよ嫁披露会も明日になりましたね!
シノレバーは遠くからの参加なので
今日出発になります。

とりあえずタッグルールの最終案は以下のような感じで行こうと思います。

・あまり完全なものは求めない
必然的にタッグ向きのカード、不向きなカードは出るので妥協すること。
そもそもシングルルールしかないゲームのために作られたカードが
タッグルールに完全に適合できるはずは無いのです。

MTGとかだと想定されているので
「対戦相手」とか「他のプレイヤー」とか指定されてるんですけどね。

・最初のバトルフェイズについて
バトルフェイズは一番最後のプレイヤーから行います。

・ライフポイントについて
タッグパートナーと2人で8000LPを共有します。

これは先に集中攻撃を受けて片方のプレイヤーがやられると圧倒的に不利になるからです。

・フィールドについて
タッグパートナーとは別々のフィールドを使うものとします。
自分のモンスターを5体出した状態で
パートナーがモンスターを5体出せます。
伏せカードも基本的にはオーナーしか使うことはできません。

パートナーのカードをコストとして使用できないので
あまり違いは出ないと考えていますが、一応別々とします。

タッグパートナーの伏せカードや、
モンスターを使用(攻撃、効果の発動)することはできません。

・ダイレクトアタックについて
対戦相手A,Bがいるとして、Aのフィールドにモンスターが居なくても
Bのフィールドにモンスターがいる場合は
ダイレクトアタックはできず、Bのモンスターを攻撃することになります。

・デッキ、墓地に対する処理について
それぞれオーナーのものを用います。
死者蘇生などについてはパートナーの墓地からモンスターを選べます。

・コスト共有について
基本的にパートナーの手札やモンスターはコストに利用できません。

・見られないカードについて
パートナーのカードでも
伏せモンスター、セットされた魔法・罠カード、手札については確認することはできません。

・メタモルポット、ネクロフェイスなどについて
お互いのプレイヤーに対して作用するものは
タッグパートナーにも、相手のタッグパートナーにも作用するものとします。

・「次の自分のスタンバイフェイズ」などについて
次のタッグパートナーのターンを
「次の自分のスタンバイフェイズ」とはしません。
「自分の」と書かれている場合は
あくまで、そのカードのオーナーのスタンバイフェイズのみが対象となります。

・黄泉カエル、ゴーズなどについて
タッグパートナーのフィールドにカードがあっても
自分のフィールドにカードが無ければ
フィールドにカードが無い状態とします。

ターンカウントなどは本来相手ターンをカウントするものは
パートナーのターンでもカウントするものとします。
スポンサーサイト

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

プロフィール

シノレバー

Author:シノレバー
まことにダメなオタク。
主に遊戯王OCGが主なネタながら
ポケモンなど他のアニメやゲームも扱う雑食系。
石川、名古屋、東京等に出没する、一体どこに住んでいるのか解からない人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
博麗ちゃんの賽銭箱
博麗神社の巫女さんが出張してきたようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。