FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年3月からの制限

2009年3月からの禁止・制限カード

■新制限

・カオス・ソーサラー

長らく禁止されていましたがついに制限カードに復帰です!
ATK2300のモンスターが
特殊召喚できるだけでも強力でしたが
今はダークシムルグもいるので
そこまで強力でもないということでしょうか。
またDDRなどの帰還カードの登場で
除外もそこまで脅威ではなくなったというのが有るのでしょう。

・剣闘獣ベストロウリィ

検闘獣関連では初めてですね。
しかもいきなり制限。
ガイザレスの素材であることが原因でしょうか。
剣闘獣は良く知らない\(^o^)/

・ゾンビキャリア

お手軽チューナーとして汎用性が高すぎたのでしょうか。
王宮の鉄壁・生還の宝札を合わせて
無限ループに使えるのも一つの原因じゃないかと思います。

・ダーク・アームド・ドラゴン

まぁ妥当なところでしょう。
ダーク・ダイブ・ボンバーと並べる
1killデッキが出てきていますし。

・ゴヨウ・ガーディアン

☆6のシンクロといえば!なカードですし妥当なところでしょう。
そもそも☆6でATK2800という時点で破格の性能ですしね。
シンクロなのでアドバンス召喚・通常召喚の基準値と比較するのもナンですが
一応レベルを揃えて召喚するんですし。
シンクロの方がむしろ出しやすかったりしますしね。

・氷結界の龍 ブリューナク

まぁゴールドシリーズに収録されるくらいですしね。
手札が必要なものの制限のないバウンスは強力。
かつては早すぎた埋葬を何度も使いまわせましたし。

・馬頭鬼

墓地で発動、おまけにこのカードを除外するだけで
手札やフィールドのカードは消費しない。
そう考えると妥当なところ。
ただ今更な感じがしなくはないです。

・緊急テレポート

サイキック族を使わないのでノーマークでしたが
増援が制限ならこちらも制限が妥当かと思います。
特殊召喚・☆3以下と微妙に違うもののデッキからのサーチですしね。

・生還の宝札

蘇生手段も増えたし、妥当なところではないでしょうか。
思えばこのカードも無限ループのパーツとして
多くの1killデッキで使われてきましたしね。

・増援

何ィ?今度は制限?
この前無制限にしたばかりなのに何考えてるんだろ。
何なの?ばかなの?

■準制限

・ゴブリンゾンビ

アンデットが軒並み制限かかったのでその影響でしょうか。

・D-HERO ディアボリック・ガイ

準制限に逆戻り。
ゾンビキャリアと合わせて
シンクロ補助にはうってつけのカードでしたしね。

・風帝ライザー

規制緩和。
うーん、どうなんでしょう。
ドローロックとバウンスは大分強いと思うけどなぁ。

・森の番人グリーン・バブーン

規制緩和の理由は裁定変更のようですね。
戦闘破壊ではトリガーにならない
&複数同時に特殊召喚できないという点での緩和でしょう。
同名カードを特殊召喚できる点も制限の理由だったようですが
裁定変更によって、問題にならなくなったのでしょうね。

・デステニー・ドロー

そーなのかー
これとトレードインで回す1killデッキの影響でしょうか。

・封印の黄金柩

ネクロフェイスやめて
やめてネクロフェイス

・闇の誘惑

Dドローと同じ理由でしょう。
Dドローやトレードインとの違いとして
ドロー後に捨て札を選べる点でちょっとだけ優秀ですしね。

・血の代償

制限緩和。
1枚では厳しかったですが
2枚ならなんとか戦略に組み込めるのではないでしょうか。

ガジェットと組み合わせると凶悪ですが
超進化薬とか即アドバンス召喚とか
即シンクロなど、色々な用途が考えられます。
よかったのかホイホイ緩和して(

・マインドクラッシュ

サーチ・サルベージ対策。
あまり使われなくなったから緩和したのでしょうか。

■制限解除

・暗黒のマンティコア

無限ループが引き起こせましたが
生還の宝札が制限されたので
その分こっちはゆるくなったのでしょう

・ドル・ドラ

散々言われてますが
複数枚あって、効果発動済みのドルドラが
墓地からデッキに戻った場合に
どのドルドラが効果発動済みなのかを判断できないから
今まで制限されてました。

が、今回は裁定変更され
1度でもドルドラの効果が発動したら
他のドルドラだろうと効果が発動しないとのこと。
まぁそうするのが妥当だわな。

・ファントム・オブ・カオス

お目当てのカードが墓地にないといけませんし
3枚積んでも腐ることが多いんですよね。
なので緩和されたのかな。

・月の書

そーなのかー

・抹殺の使徒

そーなのかー

■総括
アンデット族の強力カードがとにかく制限されてますね。
シンクロアンデットの規制を意識したのではないかと思います。
馬頭鬼が制限されても他に蘇生手段が一杯あるので
それらのカードの比率が上がるだけかな?という気がします。

ダークはダムド制限でどこまで変わるか。
ダムド頼りのデッキは厳しいでしょうけど
ダーク・クリエイターや闇次元の解放で大量展開する分には影響が少なそうです。

増援は一体何を考えているのか解からないとしか言いようがありませんが
準制限だった時代と違ってサーチしにくくなりましたね。

バブーンデッキは制限的には強化に見えますが
裁定変更による弱化の方が大きいのではないでしょうか。
もっとも、収縮などでカバーできそうですが。
マンティコアも合わせてどんどん蘇生するデッキもいいでしょう。

デスカイザー・ドラゴン/バスターデッキは
頼みのゾンビキャリアが制限されたことで大打撃を受けますが
おそらくそんなデッキを使ってる人は居ないでしょう(
スポンサーサイト

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

プロフィール

シノレバー

Author:シノレバー
まことにダメなオタク。
主に遊戯王OCGが主なネタながら
ポケモンなど他のアニメやゲームも扱う雑食系。
石川、名古屋、東京等に出没する、一体どこに住んでいるのか解からない人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
博麗ちゃんの賽銭箱
博麗神社の巫女さんが出張してきたようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。